MENU
業界最安値、最高の講義、未来を切り拓く教育体験❕ クリック

第108回薬剤師国家試験 問193(理論問題) 移植片対宿主病(GVHD)

 造血幹細胞移植時における移植片対宿主病(GVHD)に関する記述として、正しいのはどれか。2つ選べ。 

  1. 移植後1週間以内に好発する。
  2. 予防として、移植前から免疫抑制薬の投与を開始する。
  3. 自家移植に比べ、同種移植では発症のリスクが低い。
  4. ドナー由来のリンパ球が、レシピエントの組織を攻撃して起こる疾患である。
  5. 発症を予防するために、移植する造血幹細胞に対して放射線照射を行う。

解答・解説

解答
2、4

解説
1 誤
 移植片対宿主病GVHDは、ドナー由来のリンパ球によりレシピエントの組織が傷害される疾患であり、移植後、約1〜2週間程度で発症することがある。

2 正
 GVHDを予防するために、移植前から免疫抑制薬(シクロスポリン、タクロリムスなど)の投与を開始する。

3 誤
 GVHDは、自家移植(患者自身から採取した造血幹細胞を移植)に比べ、同種移植(他人から採取した造血幹細胞を移植)では発症のリスクが高い。

4 正
 解説1参照

5 誤
 発症を予防するために、免疫抑制薬(シクロスポリンなど)を用いる。なお、輸血用血液の場合、放射線照射でリンパ球を死滅させることによりGVHDの頻度が低下する。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次