第107回薬剤師国家試験

第107回薬剤師国家試験 問64

急性胆管炎に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

  1. 左下腹部に痛みを生じる。
  2. 発熱を伴うことはまれである。
  3. 血中白血球数が減少する。
  4. 血清ALP(アルカリフォスファターゼ)活性が上昇する。
  5. 血中間接ビリルビン値が上昇する。

 

 

 

 

解答・解説

解答

解説
急性胆管炎は、胆管内に急性炎症が発症した病態であり、胆管結石や悪性腫瘍などによる胆管の閉塞・狭窄とともに、細菌感染が加わることで生じる。

1 誤
急性胆管炎では、発熱、右上腹部の痛み、黄疸を呈する。

2 誤
解説1参照

3 誤
炎症が悪化するとともに、血中白血球数が増加する。

4 正
胆管のうっ滞により、胆道系酵素である血清ALP(アルカリフォスファターゼ)、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)活性の上昇が認められ、また、血中直接ビリルビンの上昇が認められる。

5 誤
解説4参照

-第107回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.