第107回薬剤師国家試験

第107回薬剤師国家試験 問32

骨粗しょう症治療薬テリパラチドの作用点はどれか。1つ選べ。

  1. ヒドロキシアパタイト
  2. オステオカルシン
  3. カルシトニン受容体
  4. 副甲状腺ホルモン受容体
  5. エストロゲン受容体

 

 

 

解答・解説

解答
4

解説
テリパラチドは、パラトルモン(副甲状腺ホルモン)のN末端から34個のアミノ酸を切り出したポリペプチドであり、間歇投与により前駆細胞から骨芽細胞への分化促進、骨芽細胞のアポトーシスを抑制することで骨形成促進作用を示す。

-第107回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.