第107回薬剤師国家試験

第107回薬剤師国家試験 問298〜299

62歳女性。身長153cm、体重56kg。動悸及び息切れを自覚し、近医を受診したところ非弁膜症性心房細動と診断され、以下の処方で治療を開始することになった。患者の検査値等は以下のとおりである。
(所見及び検査値)
血圧 140/86 mmHg、心拍数160 拍/分、脈拍数90 拍/分、AST 23 IU/L、ALT 28 IU/L、eGFR 40 mL/min/1.73 m2
(心電図)
RR 間隔不規則、P波消失、f波出現

問298(病態・薬物治療)
 治療薬の処方意図として、適切なのはどれか。2つ選べ。

  1. 心拍数の調節(レートコントロール)
  2. 洞調律の維持(リズムコントロール)
  3. 冠動脈血栓の予防
  4. 肺塞栓症の予防
  5. 脳塞栓症の予防

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、5

解説

問 299(実務)
 3ヶ月経過後、患者が処方箋を持って来局した。処方が以下の内容に変更されていた。

 処方内容の変更について薬剤師が患者に確認したところ、以下の答えが返ってきた。「薬の量を決めるために検査を繰り返していたが、主治医から食事について質問され、時折青汁を飲んでいることを伝えたところ、薬を変えることになった。」患者の所見及び検査結果は以下のとおりである。
(所見及び検査値)
血圧 130/85 mmHg、心拍数 120 拍/分、脈拍数 75 拍/分、AST 25 IU/L、 ALT 26 IU/L、
eGFR 35 mL/min/1.73 m2、PT–INR 2.3

今回の処方変更について、薬剤師の対応として、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. ワルファリンカリウム錠の服用を中止し、その翌日よりダビガランエテキシラートメタンスルホン酸塩カプセルを開始するよう患者に説明する。
  2. ダビガトランエテキシラートメタンスルホン酸塩カプセルを服用し忘れた場合、できるだけ早く1回量を服用し、次の服用まで6時間以上空けるよう指導する。
  3. 青汁やほうれん草などの緑黄色野菜の摂取は、控えるように患者に指導する。
  4. 他科や他院でP–糖タンパク質を阻害する薬剤が処方されていないことを確認する。

 

 

 

解答・解説

解答
2、4

解説
1 誤
ワルファリン(ビタミンK拮抗薬)からダビガトランへ切り替える際には、ワルファリンを投与中止し、PT-INRが2.0未満になればダビガトランの投与が可能となる。

2 正
ダビガトランエテキシラートメタンスルホン酸塩カプセルを服用し忘れた場合、同日中にできるだけ早く服用し、次の服用まで6時間以上空けることとされている。

3 誤
ダビガトランと青汁やほうれん草などの緑黄色野菜との相互作用は報告されていない。そのため、ダビガトランに変更した後、青汁やほうれん草などの緑黄色野菜の摂取を控える必要はない。

4 正
ダビガトランは、P-糖タンパク質の基質であり、P–糖タンパク質を阻害する薬剤との併用により血中濃度が上昇することがある。そのため、他科や他院でP–糖タンパク質を阻害する薬剤が処方されていないことを確認する必要がある。

-第107回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.