第107回薬剤師国家試験

第107回薬剤師国家試験 問288〜289

 28歳女性。病院で受付事務の仕事をしている。半年前から起床時の体のこわばりや、手足の関節の痛みを意識するようになった。市販の鎮痛薬を飲んでいたが、徐々に増悪したため、近くの整形外科を受診したところ、関節リウマチと診断された。メトトレキサートでの治療を開始したが、症状は改善しなかった。アダリムマブの自己注射を追加することになり、自己注射について薬剤師の指導を受けるように医師から言われ来局した。

患者の検査値等は以下のとおりである。
赤血球数 280 × 104/µL、白血球数8,000/µL、血小板数 12 × 104/µL、CRP 2.8 mg/dL
血清クレアチニン値 0.7 mg/dL、HbA1c 5.2% (NGSP値)、 胸部X線 異常なし。

問288(実務)
薬剤師が患者に行う指導として、適切なのはどれか。2選べ。

  1. 注射後、発疹や呼吸困難が現れた場合は、すぐに医師の診察を受ける。
  2. 注射部位は、大腿部、腹部又は上腕部を選び、毎回、同一の場所に打つ。
  3. 微熱や咳が続くときには、すぐに医師の診察を受ける。
  4. 風しんの罹患歴がない場合は、風しんワクチンをすみやかに接種するよう指導する。
  5. メトトレキサートは毎日、決まった時刻に服用を続ける。

 

 

解答・解説

解答
1、3

解説
1 正
注射後に発疹や呼吸困難が現れた場合は、アナフィラキシーの可能性があるため、すぐに医師の診察を受ける必要がある。

2 誤
注射部位は、大腿部、腹部又は上腕部を選び、順番に場所を変更し、短期間に同一部位へ繰り返し注射は行わないこととされている。

3 正
微熱、咳が続くときは感染症の可能性があるため、すぐに医師の診察を受ける必要がある。

4 誤
本剤投与中は生ワクチン(麻疹・風疹ワクチン、水痘ワクチン、BCGなど)の接種をすることができない。

5 誤
関節リウマチにメトトレキサートをする場合には、毎日服用せず週に1〜2日服用し、5〜6日間休薬する。

問289(病態・薬物治療)

アダリムマブの自己注射を開始後、関節リウマチの症状は軽快して、患者は大変喜んでいたが、約6ヶ月後、次第に湿性の咳と全身倦怠感が出現するようになった。

(検査値及び所見)
赤血球沈降速度 30 mm/h(基準値3〜15)、CRP 1.0 mg/dL、HbA1c 5.4% (NGSP値)、インターフェロンガンマ遊離試験 陽性

この状況に関する記述として、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 関節リウマチの再燃が疑われる。
  2. 糖尿病発症の可能性がある。
  3. 結核感染が疑われる。
  4. アバタセプトの併用を検討する必要がある。
  5. アダリムマブの投与中止を検討する必要がある。

 

 

解答・解説

解答
3、5

解説
湿性の咳と全身倦怠感が現れていること、炎症の指標である赤血球沈降速度、CRPが上昇、インターフェロンガンマ遊離試験(結核感染の診断に用いられる試験)が陽性であることから、本患者は結核に感染していると推察される。アダリムマブ投与中に結核に感染した場合、本剤の中止を検討する必要がある。

-第107回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.