第107回薬剤師国家試験

第107回薬剤師国家試験 問262〜263

48歳女性。月経あり。乳がん(ER及びPgR陽性、HER2陰性)と診断され左乳房部分切除及び腋窩リンパ節郭清術を受けた。術後化学療法として、シクロホスファミド600 mg/m2、エピルビシン100 mg/m2を3週毎に4サイクルを終了し、パクリタキセル 80 mg/m2を3週投与、1週休薬の4サイクルを開始している。卵巣機能は回復しており、術後化学療法終了後にタモキシフェンによる治療を検討中であるが、本患者においてはタモキシフェンと他剤との併用療法も選択可能である。担当薬剤師は3次資料を用いて、タモキシフェン単独療法と他剤との併用療法の有用性を調査することにした。

問 262(実務)
この場合用いる資料として優先順位が高いのはどれか。2つ選べ。ただし、これらの資料は調査時の最新版を用いることとする。

  1. Drug Interaction: Analysis and Management
  2. 診療ガイドライン
  3. Up To Date
  4. Drugs in Pregnancy and Lactation: A Reference Guide to Fetal and Neonatal Risk
  5. 重篤副作用疾患別対応マニュアル

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、3

解説
1 誤
Drug Interaction: Analysis and Managementは、薬物相互作用について記載された資料であり、タモキシフェンと他剤との併用療法を調査するのに用いる資料として優先順位が低い。

2 正
診療ガイドライン、Up To Dateでは、エビデンスに基づく最新医療情報を確認することができるため、タモキシフェンと他剤との併用療法を調査するのに用いる資料として優先順位が高い。

3 正
解説2参照

4 誤
Drugs in Pregnancy and Lactation: A Reference Guide to Fetal and Neonatal Riskは、妊娠中、授乳中に使用する薬が胎児、新生児に与える影響を記載した資料であり、タモキシフェンと他剤との併用療法を調査するのに用いる資料として優先順位が低い。

5 誤
重篤副作用疾患別対応マニュアルは、重篤な副作用について記載された資料であり、タモキシフェンと他剤との併用療法を調査するのに用いる資料として優先順位が低い。

問263(薬理)
調べた結果、術後化学療法後に卵巣機能が回復している場合、タモキシフェンに薬物Aを併用することが推奨されていた。なお、薬物Aは、この患者で術後化学療法として用いられた薬物とは作用機序が異なるものであった。薬物Aの作用機序として、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

  1. 微小管タンパク質の脱重合を阻害して、細胞分裂を抑制する。
  2. DNAの塩基対にインターカレーションして、DNA依存性RNAポリメラーゼを阻害する。
  3. エストロゲン受容体に結合して、内因性のエストロゲンと競合し抗腫瘍作用を発揮する。
  4. DNAをアルキル化して、DNA合成を阻害する。
  5. 持続的な性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)受容体の刺激により脱感作を引き起して、ゴナドトロピンの遊離を抑制する。

 

 

 

解答・解説

解答

解説
問題文に「薬物Aは、この患者で術後化学療法として用いられた薬物とは作用機序が異なるものであった」と記載されており、また、タモキシフェン(作用機序:選択肢3)と併用する(タモキシフェンと異なる作用機序である)ことから薬物Aの作用機序は「選択肢5」であると考えられる。

【術後化学療法として用いられた薬物の作用機序】
●シクロホスファミド
DNAをアルキル化して、DNA合成を阻害する。
●エピルビシン
DNAの塩基対にインターカレーションして、DNA依存性RNAポリメラーゼを阻害する。
●パクリタキセル
微小管タンパク質の脱重合を阻害して、細胞分裂を抑制する。

-第107回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.