第107回薬剤師国家試験

第107回薬剤師国家試験 問184

スティーブンス・ジョンソン症候群に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

  1. 中毒性表皮壊死症とも呼ばれる。
  2. 内服薬よりも、皮膚外用薬によって発症するケースが多い。
  3. 視力低下をきたすことがある。
  4. 発熱や倦怠感などの全身症状を伴うことはまれである。
  5. 治療の基本は、副腎皮質ステロイド薬の全身投与である。

 

 

 

解答・解説

解答
3、5

解説
1 誤
皮膚粘膜眼症候群とも呼ばれる。

2 誤
皮膚外用薬に比べ、内服薬で発症することが多い。

3 正
高熱、口腔粘膜などの皮膚粘膜移行部の広範な出血性のびらん、視力低下をきたすことがある。

4 誤
解説3参照

5 正
第一選択薬として、ステロイド性抗炎症薬の全身投与を行う。

-第107回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.