第107回薬剤師国家試験

第107回薬剤師国家試験 問167

急性白血病治療薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. シクロホスファミドは、活性酸素を発生させて、DNA を切断する。
  2. ビンクリスチンは、チュブリンの重合を促進して、微小管を安定化させる。
  3. シタラビンは、細胞内で三リン酸化されて、DNAポリメラーゼを阻害する。
  4. ダウノルビシンは、RNAポリメラーゼを特異的に阻害する。
  5. イマチニブは、Bcr-Abl チロシンキナーゼを阻害する。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、5

解説
1 誤
シクロホスファミドは、CYPにより活性体となり、DNAをアルキル化することで抗腫瘍効果を示す。

2 誤
ビンクリスチンは、チュブリンの重合を阻害し、微小管を崩壊させ、紡錘糸機能を障害することで細胞分裂を停止させアポトーシスを誘発する。

3 正
シタラビンは、腫瘍細胞内でリン酸化され、シタラビン三リン酸ヌクレオチドとなり、デオキシシチンジン三リン酸(dCTP)、デオキシチミジン三リン酸と競合し、DNA鎖に取り込まれることでDNA合成を阻害する。

4 誤
ダウノルビシンは、DNAの間に入り込み(インターカレーション)、転写過程を阻害し、DNAポリメラーゼやDNA依存性RNAポリメラーゼを阻害することでDNA、RNA合成を阻害する。

5 正
イマチニブは、Bcr−Ablチロシンキナーゼを阻害し、腫瘍細胞の増殖を抑制する。

-第107回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.