第107回薬剤師国家試験

第107回薬剤師国家試験 問164〜165

60歳男性。仕事が忙しく睡眠不足が続いていた。ある日、右側胸部にかゆみを伴った皮疹が現れ、強い痛みも生じたため受診し、帯状疱疹と診断された。

問165(病態・薬物治療)
この患者に関する記述のうち、適切なのはどれか。2つ選べ。

  1. 疲労やストレスが発症の要因となった可能性が高い。
  2. 皮疹は血管に沿って全身に拡がっていく。
  3. 病原体は麻しんと同じである。
  4. 皮疹出現の約2週間前に感染したと考えられる。
  5. 副腎皮質ステロイド薬を用いる場合、抗ウイルス薬を併用する。

 

 

 

解答・解説

解答
1、5

解説
1 正
帯状疱疹は、疲労やストレスで免疫力が低下することで、水痘に罹患後全身の知覚神経節に潜伏感染していた水痘帯状疱疹ウイルスが再活性化し発症する。

2 誤
再活性化したウイルスは、神経軸索を通じて支配神経の皮膚、粘膜に片側性の水疱を形成する。

3 誤
帯状疱疹の原因ウイルスは、水痘・帯状疱疹ウイルスであり、水痘と帯状疱疹を引き起こす。

4 誤
解説1参照

5 正
皮膚症状を緩和させる目的で副腎皮質ステロイド薬を用いる場合、免疫力低下によるウイルスの再活性化を抑制する目的で抗ウイルス薬を併用する必要がある。

問166(薬理)
抗ウイルス薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. アメナメビルは、帯状疱疹ウイルスのヘリカーゼプライマーゼ複合体のDNA依存性ATPase活性を阻害して、mRNAの合成を阻害する。
  2. ガンシクロビルは、サイトメガロウイルスのチミジンキナーゼにより一リン酸化された後、宿主細胞キナーゼで三リン酸化体まで変換されて、ウイルスのRNAポリメラーゼを阻害する。
  3. オセルタミビルは、インフルエンザウイルスが宿主細胞から遊離する際に働くノイラミニダーゼを阻害して、インフルエンザウイルスの増殖を抑制する。
  4. ホスカルネットは、サイトメガロウイルスのRNAポリメラーゼのピロリン酸結合部位に結合して、RNAの合成を阻害する。
  5. アシクロビルは、三リン酸化体に変換されて、帯状疱疹ウイルスに感染した宿主細胞内でデオキシグアノシン三リン酸(dGTP)と競合して、ウイルスのDNAポリメラーゼを阻害する。

 

 

 

解答・解説

解答
3、5

解説
1 誤
アメナメビルは、ヘルペスウイルスのヘリカーゼ・プライマーゼ複合体のDNA依存性ATPase活性を阻害することにより、ヘルペスウイルスのDNA複製を阻害する。

2 誤
ガンシクロビルは、サイトメガロウイルス(ヒトペルペスウイルス5)感染細胞内でプロテインキナーゼによりリン酸化を受け、三リン酸化体となり、DNAポリメラーゼを阻害する。

3 正
オセルタミビルは、ノイラミニダーゼを阻害し、宿主細胞からのウイルスの放出を抑制することでウイルスの増殖を抑制する。

4 誤
ホスカルネットは、サイトメガロウイルスのDNAポリメラーゼのピロリン酸結合部位に直接作用してDNA合成を阻害する。

5 正
アシクロビルは、ウイルス感染細胞内でリン酸化されdGTP(デオキシグアノシン三リン酸)と競合することによりDNAポリメラーゼを阻害する。

-第107回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.