第107回薬剤師国家試験

第107回薬剤師国家試験 問159〜160

60歳男性。基礎疾患を指摘されたことはない。1週間前から1日に数回めまいを感じるようになった。今朝、強いめまいとふらつきを覚え、救急外来を受診した。来院時の血圧は118/84 mmHg、脈拍数32回/分であった。心電図ではP波とQRS波が全く無関係に出現し、PP間隔とRR間隔がそれぞれ一定で、PR間隔は不規則であった。また、P波よりQRS波の出現頻度が少なかった。

問159(病態・薬物治療)
 この患者の初期治療に適切な薬物はどれか。2つ選べ。 

  1. アミオダロン
  2. ニトログリセリン
  3. ランジオロール
  4. アトロピン
  5. イソプレナリン

 

 

 

解答・解説

解答
4、5 

解説
脈拍数32回/分、心電図ではP波よりQRS波の出現頻度が少ないことから本患者は徐脈性の不整脈(房室ブロック)の可能性がある。選択肢のうち、徐脈性の不整脈に用いられるのは、アトロピン、イソプレナリンである。

問160(薬理)
 抗不整脈薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。 

  1. ニフェカラントは、K チャネルを遮断して、心筋の活動電位の持続時間を延長する。
  2. ピルシカイニドは、アドレナリンβ受容体を遮断して、不応期を延長する。
  3. ベラパミルは、Ca2+ チャネルを遮断して、房室伝導速度を低下させる。
  4. プロカインアミドは、Naチャネル及び Kチャネルを遮断して、心電図のQT 間隔を短縮する。
  5. ジルチアゼムは、Naチャネルを遮断して、心筋の活動電位の立ち上がり(第0相)を抑制する。

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、3 

解説
1 正
ニフェカラントは、Kチャネルを遮断することにより活動電位持続時間、不応期を延長する。

2 誤
ピルシカイニドは、Naチャネルを遮断することにより活動電位の立ち上がり0相を抑制する。

3 正
ベラパミルは、Ca2+ チャネルを遮断して、房室伝導速度を低下させる。

4 誤
プロカインアミドは、Naチャネル及び Kチャネルを遮断して、心電図のQT 間隔を延長する。

5 誤
ジルチアゼムは、Ca2+ チャネルを遮断して、房室伝導速度を低下させる。

-第107回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.