第107回薬剤師国家試験

第107回薬剤師国家試験 問158

アレルギー性疾患の治療に用いられる薬物に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. オザグレルは、Th2サイトカインの産生を抑制して、鎮痒効果を示す。
  2. トラニラストは、ヒスタミンH1受容体を遮断して、アレルギー性鼻炎を改善する。
  3. プランルカストは、ロイコトリエン受容体を遮断して、気管支ぜん息の発作を予防する。
  4. セラトロダストは、トロンボキサンA(プロスタノイドTP)受容体を遮断して、気道過敏症の亢進を抑制する。
  5. スプラタストは、トロンボキサン合成酵素を阻害して、じん麻疹を改善する。

 

 

 

解答・解説

解答
3、4

解説
1 誤
オザグレルは、マスト細胞などのTXA2合成酵素を選択的に阻害し、TXA2の産生を抑制することにより気管支収縮を抑制する。

2 誤
トラニラストは、肥満細胞の膜安定化などにより、ケミカルメディエーター(ヒスタミン、ロイコトリエンなど)の遊離を抑制し、アレルギー反応を抑制する。

3 正
プランルカストは、ロイコトリエンの受容体への結合を阻害し、気管支収縮抑制作用や鼻腔通気抵抗上昇抑制作用を示す。

4 正
セラトロダストは、TXA2受容体(プロスタノイドTP受容体)に結合し、競合的にTXA2受容体を遮断する。

5 誤
スプラタストは、Th2細胞のIL–4、IL–5の産生を抑制し、IgE抗体産生抑制作用、好酸球浸潤抑制作用を示す。

-第107回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.