第107回薬剤師国家試験

第107回薬剤師国家試験 問151

細胞内情報伝達系に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. ヒスタミン H1受容体が刺激されると、Gsタンパク質を介してアデニル酸シクラーゼが活性化される。
  2. インスリン受容体が刺激されると、インスリン受容体βサブユニットの自己リン酸化が起こる。
  3. インターフェロンα(IFN-α)受容体が刺激されると、JAK(ヤヌスキナーゼ)のチロシンキナーゼが活性化される。
  4. オピオイドμ受容体が刺激されると、Gqタンパク質を介してホスホリパーゼ Cが活性化される。
  5. 心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP)受容体が刺激されると、可溶性グアニル酸シクラーゼが活性化される。

 

 

 

解答・解説

解答
2、3 

解説
1 誤
ヒスタミン H1受容体が刺激されると、Gqタンパク質を介してホスホリパーゼCが活性化される。

2 正

3 正
インターフェロンα、エリスロポエチン、インターフェロン受容体が刺激されると、JAK(ヤヌスキナーゼ)のチロシンキナーゼが活性化される。

4 誤
オピオイドμ受容体が刺激されると、Giタンパク質を介してアデニル酸シクラーゼの活性が抑制される。

5 誤
グアニル酸シクラーゼには、細胞膜一回貫通型のナトリウム利尿ペプチド受容体と細胞質に存在する可溶性型の2種類が存在する。心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP)受容体が刺激されると、細胞内領域に存在する膜結合型グアニル酸シクラーゼが活性化される。

-第107回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.