第107回薬剤師国家試験

第107回薬剤師国家試験 問115

テロメアに関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. テロメアは、染色体の末端に存在し、特定のDNA塩基配列の繰り返し構造を含む。
  2. テロメアを開始点としてDNAが複製される。
  3. 生殖細胞系列の分裂時には、テロメアは短縮する。
  4. 多くのがん細胞で、テロメアを伸長させるテロメラーゼが発現している。
  5. テロメア伸長の鋳型として、tRNAが利用される。

解答・解説

解答
1、4

解説
1 正
テロメアは染色体の末端に存在し、特定のDNA塩基配列が繰り返し続いている構造を有しており、染色体の安定性に関与している。

2 誤
テロメアを開始点としてDNAは複製されない。なお、DNAの複製は複製開始点から開始される。

3 誤
生殖細胞、がん細胞では高いテロメラーゼ活性が認められており、生殖細胞、がん細胞の分裂時には、テロメアの長さは維持される。なお、正常な体細胞では、テロメラーゼ活性がほぼ無いため、分裂時にテロメアは短縮する。

4 正
解説3参照

5 誤
テロメア伸長の鋳型として、テロメラーゼが有するRNAが利用される。

-第107回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.