第106回薬剤師国家試験

第106回薬剤師国家試験 問62

前立腺肥大症の治療薬はどれか。1選べ。

  1. アナストロゾール
  2. クロニジン塩酸塩
  3. クロルフェニラミンマレイン酸塩
  4. シルデナフィルクエン酸塩
  5. デュタステリド

 

 

解答・解説

解答
5

解説
1 誤
アナストロゾールはアロマターゼ阻害薬であり、閉経後乳がんに用いられる。

2 誤
クロニジン塩酸塩はα2受容体刺激薬であり、本態性高血圧、腎性高血圧に用いられる。

3 誤
クロルフェニラミンマレイン酸塩は抗ヒスタミン薬であり、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹に用いられる。なお、本剤は抗コリン作用を有しており、前立腺肥大症に伴う排尿障害を悪化させるため、前立腺肥大症の患者に投与禁忌である。

4 誤
シルデナフィルクエン酸塩はホスホジエステラーゼ5阻害薬であり、勃起不全や肺高血圧症に用いられる。

5 正
デュタステリドは非選択的に5α還元酵素を阻害し、テストステロンからジヒドロテストステロンの生成を抑制することで前立腺肥大症を軽減する。

-第106回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.