第106回薬剤師国家試験

第106回薬剤師国家試験 問57

第106回薬剤師国家試験 問57

肝臓のタンパク質合成能の指標となるのはどれか。1選べ。 

  1. アルカリホスファターゼ(ALP)
  2. コリンエステラーゼ(ChE)
  3. クレアチンキナーゼ(CK)
  4. γ–グルタミルトランスペプチダーゼ(γ–GTP)
  5. 乳酸脱水素酵素(LDH) 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2

解説
1 誤
アルカリホスファターゼ(ALP)は、肝臓、骨、腸などに多く含まれている酵素であり、閉塞性黄疸、胆管炎、甲状腺機能亢進症、骨腫瘍、薬剤性肝障害で高値を示す。

2 正
コリンエステラーゼ(ChE)は、肝臓で合成されるタンパク質であり、肝臓のタンパク質合成能の指標となる。

3 誤
クレアチンキナーゼ(CK)は、主に骨格筋、心筋、平滑筋などに含まれている酵素であり、筋肉障害により高値を示す。

4 誤
γ–グルタミルトランスペプチダーゼ(γ–GTP)は、肝・胆道系の閉塞、アルコール性肝障害で高値を示す。

5 誤
乳酸脱水素酵素(LDH)は、体内の各組織に広く分布している酵素であり、心疾患、肝疾患、悪性腫瘍などで高値を示す。

-第106回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.