第106回薬剤師国家試験

第106回薬剤師国家試験 問41

第106回薬剤師国家試験 問41

単純拡散による薬物の細胞膜透過に関する記述のうち、正しいのはどれか。1 選べ。 

  1. 濃度勾配に従う。
  2. 透過速度は Michaelis–Menten式で表される。
  3. トランスポーターを介する。
  4. ATPの加水分解エネルギーを利用する。
  5. タンパク質の細胞内取り込みに関与する。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1

解説
単純拡散(受動拡散)は物質の基本的な膜透過形式であり、下記に示す特徴を有する。

・濃度勾配(電気化学ポテンシャルの差)に従う
・透過速度は、フィックの拡散速度式に従う
・トランスポーターを介さない
・ATPの加水分解エネルギーを利用しない
・飽和や他の物質との競合現象が認められず、常に一定の膜透過性を示す

-第106回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.