第106回薬剤師国家試験

第106回薬剤師国家試験 問38

第106回薬剤師国家試験 問38

眼房水の産生抑制により眼圧を下げる炭酸脱水酵素阻害薬はどれか。1選べ。 

  1. ピロカルピン
  2. ブナゾシン
  3. ビマトプロスト
  4. リパスジル
  5. ドルゾラミド 

 

 

 

 

解答・解説

解答
5

解説
1 誤
ピロカルピンは瞳孔括約筋のM3受容体を刺激し、瞳孔括約筋を収縮させる
2 誤
ブナゾシンはα1受容体を遮断し、ぶどう膜強膜流出路からの房水の排出を促進する。
3 誤
ビマトプロストは、FP受容体(PGF2α受容体)を刺激し、ぶどう膜強膜からの房水流出を促進する。
4 誤
リパスジルは、RhoキナーゼのアイソフォームであるヒトROCK−1,ROCK–2を選択的に阻害し、線維柱帯細胞の細胞骨格や細胞外マトリクスの構造を変化させ房水流出抵抗を低下させる。
5 正

-第106回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.