第106回薬剤師国家試験

第106回薬剤師国家試験 問258〜259

第106回薬剤師国家試験 問258〜259

85歳男性、独居。慢性閉塞性肺疾患(COPD)のため処方1による治療を受けていた。また、処方1のアドヒアランスは維持されていた。しかし、最近、他職種の報告や薬剤師自身の訪問時の確認から、経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)が 90%を下回る機会が増え、湿性咳嗽などの症状が悪化していた。

患者は、サポートがあれば吸入剤の使用が可能である。また、貼付剤の長期使用によると思われるかぶれが目立つ。

 258(実務)
この患者の処方変更を医師に提案するにあたり、適切な薬物はどれか。2選べ。

  1. アテノロール
  2. ロキソプロフェンナトリウム
  3. ウメクリジニウム臭化物
  4. インダカテロールマレイン酸塩
  5. 硝酸イソソルビド

259(薬理)

処方1及び前問で提案された薬物のいずれかの作用機序として、正しいのはどれか。2選べ。

  1. シクロオキシゲナーゼを阻害することでトロンボキサンA2の生合成を低下させ、気管支平滑筋を弛緩させる。
  2. グアニル酸シクラーゼを活性化させることでサイクリック GMP(cGMP)を増大させ、気管支平滑筋を弛緩させる。
  3. アセチルコリンM3受容体を遮断することで、気管支平滑筋の収縮を抑制する。
  4. アドレナリンβ2受容体を刺激することで、気管支平滑筋を弛緩させる。
  5. 炎症性サイトカイン産生の抑制や抗炎症性タンパク質の誘導により、気道の炎症を抑制する。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
問258:3、4
問259:3、4

解説
問題文に「経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)が 90%を下回る機会が増え、湿性咳嗽などの症状が悪化」「サポートがあれば吸入剤の使用が可能である。また、貼付剤の長期使用によると思われるかぶれが目立つ」と記載されていることから、気管支拡張作用を示す吸入薬に変更することを提案することが望ましい。設問のうち、気管支を拡張する目的でCOPDに用いることができる薬剤は、ウメクリジニウム臭化物、インダカテロールマレイン酸塩である。
ウメクリジニウム臭化物は、アセチルコリンM3受容体を遮断することで、気管支平滑筋の収縮を抑制する。
インダカテロールは、アドレナリンβ2受容体を刺激することで、気管支平滑筋を弛緩させる。

 

-第106回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.