第106回薬剤師国家試験

第106回薬剤師国家試験 問256〜257

第106回薬剤師国家試験 問256〜257

24歳女性。身長156 cm、体重40 kg。以前より労作性の息切れを自覚していた。出産後に血圧低下、呼吸状態の悪化を来し、スクリーニングの結果、肺高血圧症と診断を受け、以下の処方で治療を開始した。

 

問256(薬理)

薬物の作用機序に関する以下の記述のうち、処方薬のいずれにも該当しないのはどれか。1つ選べ。

  1. 血管平滑筋において、ホスホジエステラーゼVを阻害し、細胞内サイクリックGMP(cGMP)の分解を抑制して、血管を拡張させる。
  2. 集合管において、アルドステロン受容体を遮断して Na/K交換系を抑制し、利尿効果を示す。
  3. エンドセリンETA受容体を選択的に遮断し、エンドセリン–1による血管収縮を抑制する。
  4. プロスタノイドIP受容体を刺激し、細胞内サイクリックAMP(cAMP)産生を促進させて血管拡張作用と血小板凝集抑制作用を示す。
  5. ヘンレ係蹄上行脚において、Na–K–2Cl共輸送系を阻害し、対向流増幅系を抑制する。

 

 

 

解答・解説

解答
3

解説
ボセンタンは、非選択的にエンドセリンETA、ETB受容体を遮断し、エンドセリン–1(ET−1)の肺血管平滑筋収縮及び増殖を阻害する。

問257(実務)

経過観察のため受診したところ、肺機能については改善を示しつつあるが、顔面や四肢のむくみなど未だ改善が見られない症状を認めた。さらに、生化学検査のうち血清カリウム値が4.1 mEq/L から3.0 mEq/Lに低下していたことから、薬剤師が医師から処方について相談された。以下のうち、最も適切な提案内容はどれか。1つ選べ。

  1. トルバプタン錠の追加
  2. エポプロステノール静注用の増量
  3. フロセミド錠の増量
  4. アスパラギン酸カリウム錠の追加
  5. リオシグアト錠の追加

 

 

 

 

解答・解説

解答
1

解説
本症例では、肺高血圧症に伴う心不全による体液貯留に対して、フロセミド、エプレレノンが処方され、治療を行なっていたが、「顔面や四肢のむくみなど未だ改善が見られない症状」「血清カリウム値が4.1 mEq/L から3.0 mEq/Lに低下していた」ことより新たに薬物療法について検討する必要がある。
トルバプタンは、「ループ利尿薬等の他の利尿薬で効果不十分な心不全における体液貯留」に用いられ、また、カリウム値を上昇させる作用を有することから、トルバプタン錠を追加するように提案することは適切である。

-第106回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.