未分類

第106回薬剤師国家試験 問238〜239(実践問題) 乳がん/遺伝学的検査

46歳女性。職場の検診で乳がんを疑われ、精密検査を受けるため大学病院を受診した。病変部の組織診(針生検)を行い、エストロゲン受容体(ER)、プロゲステロン受容体(PgR)及びHER2(ヒト上皮増殖因子受容体2型)のタンパク質発現を病理学的検査により調べた。また、リンパ節や全身への転移の有無をCT検査にて確認し、StageⅡBの乳がんと確定診断された。その結果に基づき、術前化学療法としてEC療法、次にパクリタキセル療法を実施した。その後、乳房温存術を施行、内分泌療法は行わず経過観察としていたが、翌年再発が判明したため、遺伝学的検査(BRCA遺伝子変異)をし、その結果、オラパリブを投与することとなった。

※EC療法:エピルビシン+シクロホスファミド併用

問238(衛生) 
検査の対象となったHER2タンパク質及びBRCA遺伝子に関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。 

  1. 乳がんではHER2タンパク質の過剰発現が高頻度でみられる。
  2. HER2タンパク質は、受容体型チロシンキナーゼである。
  3. BRCA遺伝子は、GTP結合タンパク質をコードしている。
  4. BRCA遺伝子は、DNA修復に関わるタンパク質をコードしている。
  5. 遺伝性乳がんでは、高頻度でBRCA遺伝子に変異がみられる。

解答・解説

解答
4 

解説
1 正しい
HER2タンパク質は、乳がん細胞や胃がん細胞で過剰発現が見られることがある。

2 正しい
HER2タンパク質は、受容体型チロシンキナーゼであり、活性化すると細胞増殖を誘発する。

3 誤っている
BRCA遺伝子は、DNA修復に関わるタンパク質をコードしている。BRCA遺伝子からできるBRCA1タンパク質、BRCA2タンパク質は、DNA修復を行い、がん抑制に関わる。

4 正しい
解説3参照

5 正しい
遺伝性乳がんでは、BRCA1遺伝子、BRCA2遺伝子の変異が認められる。

問239(実務)
この患者の病理学的検査結果及び遺伝学的検査結果の組合せとして、正しいのはどれか。1つ選べ。

解答・解説

解答
3

解説
この患者の病理学的検査結果及び遺伝学的検査結果を下記のように推察することができる。
①:内分泌療法を行なっていない
→ERおよびPgR:「陰性」
②:オラパリブが処方されている
→オラパリブの効能・効果に「がん化学療法歴のあるBRCA遺伝子変異陽性かつHER2陰性の手術不能又は再発乳癌」がある
→HER2:「陰性」、BRCA遺伝子変異:「陽性」

-未分類

Copyright© yakugaku lab , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.