第106回薬剤師国家試験

第106回薬剤師国家試験 問234〜235

第106回薬剤師国家試験 問234〜235

34歳男性。仕事中に不凍液を誤飲した。数時間後、下腹部痛、下痢、嘔気、嘔吐を伴い、救急外来を受診したところ、徐々に意識レベルが低下してきた。 血中エチレングリコール濃度を測定したところ50mg/dLであり、血液検査と血液ガス分析結果は以下のとおりであった。

血清クレアチニン値:1.8 mg/dL
血液ガス分析の結果:pH7.01、PaO2 99mmHg 、PaCO2 32mmHg、HCO3- 7.8 mEq/L

234(実務)
この患者の治療を行うにあたり、誤っているのはどれか。1選べ。

  1. ホメピゾール点滴静注液を投与する。
  2. 血液浄化療法を開始する。
  3. 炭酸水素ナトリウム注射液を投与する。
  4. 球形吸着炭細粒(活性炭)を投与する。
  5. 酢酸リンゲル液を投与する。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4

解説
1 正しい
ホメピゾールは、エチレングリコールの代謝に関わるアルコール脱水素酵素を阻害することで、エチレングリコールの代謝物(グリコール酸やシュウ酸など)の生成を抑制する。

2 正しい
血液中のエチレングリコールやエチレングリコールの代謝物を取り除くのに血液浄化療法が有効である。

3 正しい
血液ガス分析の結果より、本患者は代謝性アシドーシスであると考えられる。炭酸水素ナトリウム注射液、酢酸リンゲル液は、代謝性アシドーシスの補正に有効である。

4 誤っている
エチレングリコールは、球形吸着炭(活性炭)にほとんど吸着しない。

5 正しい
解説3参照

235(衛生) 

この患者で起こった中毒及びその治療に関する記述のうち、正しいのはどれか。 2選べ。

  1. エチレングリコールは、主として肝臓でアルコール脱水素酵素及びアルデヒド脱水素酵素により代謝される。
  2. エチレングリコールは、主として肝臓のシトクロム P450により代謝される。
  3. エチレングリコールの代謝により生成するグリコール酸は、カルシウムと結合して不溶性となり、尿細管に沈着して腎臓を障害する。
  4. 炭酸水素ナトリウムは、エチレングリコールの代謝物による代謝性アシドーシスを補正する。
  5. ホメピゾールは、肝臓のアルデヒド脱水素酵素を阻害することにより、エチレングリコールを解毒する。

 

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、4

解説
1 正
エチレングリコールは、肝臓でアルコール脱水素酵素によりグリコアルデヒドとなり、その後、アルデヒド脱水素酵素によりグリコール酸やシュウ酸となる。

2 誤
エチレングリコールは、主として肝臓でアルコール脱水素酵素及びアルデヒド脱水素酵素により代謝される。

3 誤
エチレングリコールの代謝により生成するシュウ酸は、カルシウムと結合して不溶性となり、尿細管に沈着して腎臓を障害する。なお、エチレングリコールより生じるグリコール酸は、細胞内呼吸を抑制する。

4 正
問234解説3参照

5 誤
問234 解説1参照

-第106回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.