第106回薬剤師国家試験

第106回薬剤師国家試験 問190

第106回薬剤師国家試験 問190

膵臓がんに関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 膵管がんは膵管の上皮細胞由来である。
  2. インスリン分泌の亢進により低血糖を起こしやすい。
  3. 初期から症状が出現するため、発見が容易である。
  4. CA19-9(carbohydrateantigen19-9)が陰性になる。
  5. 好発部位は膵頭部である。

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、5

解説
1 正
膵管がんは、膵管上皮細胞から発生する。
2 誤
膵臓がんではランゲルハンス島が障害され、インスリン分泌低下により高血糖を起こしやすい。
3 誤
初期症状が乏しく、早期発見は難しい。
4 誤
CA19-9(carbohydrateantigen19-9)が陽性になる。
5 正
膵臓がんの診断や治療をする上で、膵臓を膵頭部、膵体部、膵尾部の3つに区分する。膵臓がんの発生率は膵頭部と膵体部+膵尾部で3:1である。

-第106回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.