第106回薬剤師国家試験

第106回薬剤師国家試験 問173(理論問題) 過去問解説

体内動態が線形性を示す薬物Aは、肝代謝と腎排泄によって体内から消失し、正常時における腎クリアランスは全身クリアランスの60%である。また、腎疾患時に薬物Aの肝クリアランスは変化しないが、腎クリアランスは糸球体ろ過速度 (GFR)に比例して変化する。薬物Aを投与中の患者において、GFRが正常時の50%に低下したとする。薬物Aの血中濃度時間曲線下面積(AUC)を腎機能正常時と同じにするには、投与量を腎機能正常時の何%に変更すればよいか。1つ選べ。 

  1. 20
  2. 40
  3. 70
  4. 140
  5. 250

解答・解説

解答
3

解説
①:GFRが50%低下したときの CLtot腎疾患を求める。
正常時の全身クリアランスをCLtot正常とすると、GFRが正常時の50%に低下したときの全身クリアランスCLtot腎疾患を下記のように算出することができる。

②:AUCを腎機能正常時と同じにする投与量を求める。
経口投与時のAUCpoは下記のように表すことができる。

上記の式より、AUCはDに比例、CLtotに反比例することがわかる。
GFRが正常時の50%に低下した時の全身クリアランスは、正常時の全身クリアランスに比べ、70%となっていることから、AUCを同じにするためには、Dを腎機能正常時の70%に変更する必要がある。

-第106回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.