第106回薬剤師国家試験

第106回薬剤師国家試験 問169

第106回薬剤師国家試験 問169

抗ウイルス薬の作用機序に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. エムトリシタビンは、細胞内で三リン酸化体となり、DNA依存性RNAポリメラーゼを阻害する。
  2. ラルテグラビルは、HIVプロテアーゼを阻害する。
  3. リバビリンは、細胞内で三リン酸化体となり、RNA依存性DNAポリメラーゼを阻害する。
  4. ファビピラビルは、細胞内でリボシル三リン酸体となり、RNA依存性RNAポリメラーゼを阻害する。
  5. バロキサビルマルボキシルは、体内で活性体に変換されて、キャップ依存性エンドヌクレアーゼを阻害する。

 

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4、5

解説
1 誤
エムトリシタビンはHIV感染細胞内で三リン酸化体となり、逆転写酵素を阻害し、RNAからDNAの合成を阻害する。
2 誤
ラルテグラビルは、HIVインテグラーゼ(ウイルスゲノム由来のDNAを宿主DNAに組み込む酵素)を阻害する。
3 誤
リバビリンは、細胞内でリン酸化されグアノシン三リン酸(GTP)と競合することでRNA依存性RNAポリメラーゼを阻害する。
4 正
ファビピラビルは、細胞内でリボシル三リン酸体となり、RNA依存性RNAポリメラーゼを阻害し、RNAの複製を抑制する。
5 正
バロキサビルマルボキシルは、体内で活性体に変換されて、インフルエンザウイルスのキャップ依存性エンドヌクレアーゼ活性を選択的に阻害する。

-第106回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.