第106回薬剤師国家試験

第106回薬剤師国家試験 問168

第106回薬剤師国家試験 問168

内分泌系に作用する薬物に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. カベルゴリンは、ドパミンD2受容体を遮断することで、下垂体前葉からのプロラクチンの分泌を抑制する。
  2. プロチレリンは、下垂体前葉に作用することで、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の分泌を促進する。
  3. デスモプレシンは、バソプレシンV2受容体を遮断することで、腎集合管における水の再吸収を阻害する。
  4. リオチロニンは、甲状腺のペルオキシダーゼを阻害することで、甲状腺ホルモンの合成を抑制する。
  5. メチラポンは、11β-ヒドロキシラーゼを阻害することで、コルチゾールの産生を抑制する。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、5

解説
1 誤
カベルゴリンは麦角アルカロイド誘導体であり、ドパミンD2受容体を直接刺激して下垂体前葉からのプロラクチン分泌を抑制する。
2 正
プロチレリンは、下垂体前葉にある甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン受容体に作用し、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の分泌を促進する。
3 誤
デスモプレシンは、バソプレシンV2受容体を刺激することで、腎集合管における水の再吸収を阻害する。
4 誤
リオチロニンは、合成甲状腺ホルモン(T3)製剤である。
5 正
メチラポンは11β−ヒドロキシラーゼを阻害し、コルチゾール、アルドステロン産生を抑制する。

-第106回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.