第106回薬剤師国家試験

第106回薬剤師国家試験 問163

第106回薬剤師国家試験 問163

呼吸器系に作用する薬物に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. オキシメテバノールは、アドレナリンβ2受容体を刺激することで、気管支平滑筋を弛緩させる。
  2. カルボシステインは、ムコタンパク質中のジスルフィド(S−S)結合を開裂することで、痰の粘性を低下させる。
  3. ジメモルファンは、延髄の咳中枢を抑制することで、咳反射を抑制する。
  4. ブロムヘキシンは、アンブロキソールの活性代謝産物で、肺サーファクタントの分泌を促進する。
  5. ジプロフィリンは、ホスホジエステラーゼを阻害してサイクリック AMP (cAMP)濃度を増加させることで気管支平滑筋を弛緩させる。

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、5

解説
1 誤
オキシメテバノールは、麻薬性鎮咳薬であり、中枢に作用して鎮咳作用を発揮する。
2 誤
カルボシステインは、シアル酸/フコース比を正常化することで、気道分泌物の粘性を正常な状態に近づける 。
3 正
ジメモルファンは、延髄の咳中枢を抑制することで鎮咳作用を示す。
4 誤
アンブロキソールは、ブロムヘキシンの活性代謝物であり、肺サーファクタントの分泌を促進する。
5 正
ジプロフィリンは、ホスホジエステラーゼを阻害してサイクリック AMP (cAMP)濃度を増加させることで気管支平滑筋を弛緩させる。

 

 

 

 

-第106回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.