第106回薬剤師国家試験

第106回薬剤師国家試験 問156〜157

第106回薬剤師国家試験 問156〜157

40歳女性。 3年前に多発性関節炎を認め外来受診したところ、関節リウマチと診断された。メトトレキサートとプレドニゾロンによる治療が開始され、徐々に増量することにより症状の改善を認めていたが、最近、関節痛が再燃した。 

問 156(薬理) 

関節リウマチ治療薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。 

  1. サラゾスルファピリジンは、T 細胞における炎症性サイトカインの産生を抑制する。
  2. ペニシラミンは、分子内に2個のSH 基を有し、リウマトイド因子のジスルフィド結合の解離を抑制する。
  3. エタネルセプトは、ヤヌスキナーゼを阻害して、サイトカイン受容体を介した細胞内情報伝達を阻害する。
  4. インフリキシマブは、キメラ型抗ヒト TNF-αモノクローナル抗体で、TNF-αの受容体への結合を阻害する。
  5. トシリズマブは、ヒト型可溶性 TNF Ⅱ型受容体−Fc融合タンパク質で、TNFの作用を抑制する。

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、4

解説
1 正
サラゾスルファピリジンは、T細胞、マクロファージの作用を抑制し、炎症性サイトカインの産生を抑制する。
2 誤
ペニシラミンは、分子内に1個のSH基を有しており、免疫複合体やリウマトイド因子のジスルフィド結合(−S−S−)を開裂させることによりその作用を減弱させる。
3 誤
エタネルセプトは、完全ヒト型可溶性TNF−α/LT−α受容体であり、おとり受容体としてTNF−α、LT−αを捕捉し、細胞表面にある受容体との結合を阻害する。
4 正
インフリキシマブは、キメラ型抗ヒトTNF−αモノクローナル抗体であり、TNF-αの受容体への結合を阻害する。
5 誤
トシリズマブは、ヒト化ヒトIL−6受容体モノクローナル抗体であり、IL-6の作用を抑制する。

問 157(病態・薬物治療) 

再燃時に、値が上昇していると考えられる検査項目はどれか。2つ選べ。 

  1. CEA
  2. CPK
  3. KL−6
  4. MMP3
  5. 白血球数

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4、5

解説
1 誤
CEA(がん胎児性抗原)は、消化器がん(大腸がんなど)、肺腺がんなど様々ながんで増加する。
2 誤
CPK(クエアチニンホスホキナーゼ)は、主に筋肉に分布する酵素であり、筋肉障害に伴って上昇する。
3 誤
KL-6(シアル化糖鎖抗原)は、Ⅱ型肺胞上皮細胞や呼吸細気管支上皮細胞などに多く存在し、間質性肺炎で顕著に上昇する。
4 正
MMP3(マトリックスメタロプロテアーゼ3)は、タンパク分解酵素であり、増殖する滑膜細胞組織より特異的に分泌され、関節炎の再燃に伴って上昇する。
5 正
白血球数は、関節リウマチなどの炎症性疾患で上昇する。

-第106回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.