第106回薬剤師国家試験

第106回薬剤師国家試験 問152

第106回薬剤師国家試験 問152
副交感神経系に作用する薬物に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. ジスチグミンは、コリンエステラーゼを阻害して瞳孔括約筋を弛緩させる。
  2. セビメリンは、アセチルコリン M2 受容体を刺激して心収縮力を増大させる。
  3. ベタネコールは、アセチルコリン M3 受容体を刺激して胃腸蠕動運動を亢進させる。
  4. メペンゾラートは、アセチルコリン M1 受容体を選択的に刺激して胃酸分泌を抑制する。
  5. プロピベリンは、アセチルコリン M3 受容体と Ca2+ チャネルを遮断して膀胱排 尿筋の収縮を抑制する。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、5

解説
1 誤
ジスチグミンは、コリンエステラーゼ阻害薬であり、アセチルコリン濃度を高めることで瞳孔括約筋を収縮させる。
2 誤
セビメリンは、アセチルコリン類似化合物であり、アセチルコリンM受容体を刺激して唾液分泌を促進させる。
3 正
ベタネコールは、コリン作動性薬であり、アセチルコリン M3 受容体を刺激して胃腸蠕動運動を亢進させる。
4 誤
メペンゾラートは、抗コリン薬であり、腸管運動抑制作用を示す。
5 正
プロピベリンは、アセチルコリン M3 受容体遮断作用とCa2+ チャネル遮断作用を有しており、膀胱排尿筋の収縮を抑制する。

-第106回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.