第106回薬剤師国家試験

第106回薬剤師国家試験 問139

第106回薬剤師国家試験 問139

大気汚染物質に関する法規制と環境基準に関する記述のうち、誤っているのはどれか。1選べ。 

  1. 二酸化硫黄と微小粒子状物質には、環境基準が設定されている。
  2. ばい煙の発生施設ごとに国が定める一般排出基準が設定されている。
  3. 窒素酸化物に対して、有効煙突高さに応じてK値規制が設定されている。
  4. 大気中のダイオキシン類に対して、環境基準が設定されている。
  5. 自動車交通による大気汚染状況に対応するため、特定地域において自動車からの窒素酸化物と粒子状物質の排出量削減が行われている。

 

 

 

 

解答・解説

解答
3

解説
1 正しい
環境基本法により、大気汚染に係る環境基準が設定されている。

2 正しい
大気汚染防止法では、ばい煙の発生施設ごとに国が一般排出基準を定めている。

3 誤っている
有効煙突高さに応じてK値規制が設定されているのは、硫黄酸化物である。

4 正しい
解説1参照

5 正しい
自動車PM・NOx法に関する記述である。

-第106回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.