未分類

第106回薬剤師国家試験 問100

第106回薬剤師国家試験 問100

以下の図と文章は、化学吸着における単分子層形成を表すラングミュアの吸着等温式(式1)の誘導についてのものである。文章中の  ア  及び  イ  にあてはまる式の正しい組み合わせはどれか。1つ選べ。

吸着質の濃度をC、吸着媒の吸着サイトの全数をΓ、吸着質が占有している吸着サイトの数をΓとする。上図では、Γ10Γ5 の場合を示す。吸着媒に対する吸着質の吸着過程の速度定数をk1、脱着過程の速度定数をk-1とし、吸着平衡が成立していれば、吸着速度と脱着速度は等しいから、 ア  の関係が成り立つ。 ア  を変形すると、式1が得られる。ただし、K  イ  であり、この値は吸着質と吸着媒の親和性を表し、大きいほど親和性が高い。

解答・解説

解答
5

解説

-未分類

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.