第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問92

第105回薬剤師国家試験 問92

酢酸亜鉛は、ウィルソン病や低亜鉛血症の治療薬として用いられているが、副作用として銅欠乏症を生じる場合がある。亜鉛化合物の定量には一般にキレート滴定法が用いられる。日本薬局方において、酸化亜鉛(ZnO:81.38)の定量法は以下のように規定されている。この定量法に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

本品を 850 °Cで1時間強熱し、その約0.8gを精密に量り、水2mL及び塩酸3mLに溶かし、水を加えて正確に100mLとする。この液10mLを正確に量り、水80mLを加え、水酸化ナトリウム溶液(1 → 50)をわずかに沈殿を生じるまで加え、次にpH10.7のアンモニア・塩化アンモニウム緩衝液5 mLを加えた後、0.05mol/Lエチレンジアミン四酢酸二水素二ナトリウム液で滴定する(指示薬:「 ア 」0.04 g)

0.05 mol/Lエチレンジアミン四酢酸二水素二ナトリウム液1mL=「   」mg ZnO

1 下線部①の沈殿は水酸化亜鉛(Zn(OH)2)である。
2 下線部②の操作は、エチレンジアミン四酢酸と金属の錯体を作りやすくするために行う。
3 「 ア 」はクリスタルバイオレットである。
4 滴定終点において、指示薬「 ア 」がエチレンジアミン四酢酸と結合して変色する。
5 「 イ 」に入る数値は2.035である。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、2

解説
1 正
酸化亜鉛を溶かした酸性の水溶液に水酸化ナトリウム溶液を加えると、水酸化亜鉛(Zn(OH)2)の沈殿を生じる。
2 正
エチレンジアミン四醋酸と亜鉛の錯体を作りやすくするためにはpHを7〜10付近にする必要がある。
3 誤
本定量法で用いられる指示薬は、エリオクロムブラックT・塩化ナトリウム指示薬である。
4 誤
滴定終点において、エリオクロムブラックTから亜鉛が遊離して変色する(赤紫色→青紫色)。
5 誤
「 イ 」に入る数値は4.069である。
<対応数の計算>
①:対応数を求める。
EDTAは金属イオンと1:1で反応するため、対応数は1である。
②:標準液1mLに対応する目的成分の物質量を求める。
0.05mol/Lエチレンジアミン四酢酸二水素二ナトリウム1mLに対する酸化亜鉛の物質量=(0.05mol/L×1mL÷1)=0.05mmoL
③:対応量を求める。
対応量=0.05mmoL×81.38 g/mol=4.069(mg)

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.