第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問67

第105回薬剤師国家試験 問67

クラミジアに関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

1 淋病の起因菌である。
2 細胞内寄生菌である。
3 細胞壁にペプチドグリカンを有する。
4 宿主はダニである。
5 感染症にはβ–ラクタム系抗菌薬が有効である。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2

解説
1 誤
淋菌の起因菌は、淋菌である。
2 正
クラミジアは偏性細胞内寄生菌であり、鳥類や哺乳類に感染して存在している。
3 誤
クラミジアは、細胞壁にペプチドグリカンを有していない。
4 誤
解説2参照
5 誤
β−ラクタム系抗菌薬は、ペプチドグリカン層の合成を阻害し、抗菌作用を示すため、クラミジア感染症には無効である。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.