第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問64(必須問題) 過去問解説

アトピー性皮膚炎の初期治療として適切なのはどれか。1つ選べ。

  1. タクロリムス水和物の内服
  2. テルビナフィン塩酸塩の外用
  3. ヒドロコルチゾン酪酸エステルの外用
  4. モンテルカストナトリウムの内服
  5. ナジフロキサシンの外用

解答・解説

解答
3

解説
アトピー性皮膚炎の初期治療では、ステロイド性抗炎症薬の外用剤(ヒドロコルチゾン酪酸エステルの外用剤など)が用いられる。
1 誤
タクロリムス水和物の内服は、臓器・骨髄移植時の拒絶反応の抑制、重症筋無力症、関節リウマチ、ループス腎炎、多発性筋炎・皮膚炎、潰瘍性大腸炎に用いられる。

2 誤
テルビナフィン塩酸塩の外用は、白癬、皮膚カンジダ症に用いられる。

3 正

4 誤
モンテルカストナトリウムの内服は、気管支喘息、アレルギー性鼻炎に用いられる。

5 誤
ナジフロキサシンの外用は、表在性・深在性皮膚感染症、ざ瘡に用いられる。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.