第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問339

第105回薬剤師国家試験 問339

75歳女性。変形性膝関節症に対する膝関節全置換術後半年の患者で、以下の薬剤を服用している。最近、足先の浮腫に加えて倦怠感がある。それに加え、頻度は変わらないものの1回の尿量が減少するなどの症状を自覚している。黄疸は見られない。この患者の副作用症状の原因となる薬剤として、最も疑われるのはどれか。1つ選べ。

1 フルスルチアミン錠
2 ロキソプロフェンナトリウム水和物錠
3 テプレノンカプセル
4 ゾピクロン錠
5 エドキサバントシル酸塩水和物錠

 

 

 

 

解答・解説

解答
2

解説
患者の症状(足先に浮腫、倦怠感、尿量が減少している)ことから、薬剤服用による腎機能の低下が疑われる。選択肢のうち、腎障害を誘発する可能性がある薬剤は、「ロキソプロフェンナトリウム水和物錠」である。ロキソプロフェンナトリウム水和物錠は、重大な副作用として、急性腎障害、ネフローゼ症候群、間質性腎炎を起こす可能性がある。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.