第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問326

第105回薬剤師国家試験 問326

76歳男性。軽度の認知症あり。アルコール多飲歴なし。喉の違和感を主訴に総合病院を受診した結果、食道がんが見つかり、食道全摘術を施行することとなった。術後は集中治療室に入室予定である。手術が決まった時点から周術期管理チームで患者をサポートすることになり、まずチームの担当薬剤師が、常用薬とお薬手帳を確認したところ、以下の薬物を服用中であった。周術期の使用において特に注意を払う必要がある薬物はどれか。1つ選べ。

1 フェブキソスタット
2 酸化マグネシウム
3 ドンペリドン
4 アゼルニジピン
5 ブロチゾラム

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
5

解説
本症例では、せん妄のリスクがある食道全摘術を施行する予定となっていることから、せん妄を誘発しやすいアルコール、ベンゾジアゼピン系薬(ブロチゾラム)、非ベンゾジアゼピン系薬を漸減することを検討する必要がある。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.