第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問32

第105回薬剤師国家試験 問32

抗不安作用とともに、ヒスタミンH1受容体の遮断により抗アレルギー作用をあわせもつのはどれか。1つ選べ。

1 エチゾラム
2 ヒドロキシジン
3 エスシタロプラム
4 タンドスピロン
5 クロルジアゼポキシド

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2

解説
抗不安作用とともに、ヒスタミンH1受容体の遮断により抗アレルギー作用をあわせもつのは「ヒドロキシジン」である。
1 誤
エチゾラムは、ベンゾジアゼピン系薬であり、GABAA受容体の感受性を高めることで抗不安作用を示す。
2 正
3 誤
エスシタロプラムは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬であり、セロトニンの再取り込みを抑制することにより抗うつ作用、抗不安作用を示す。
4 誤
タンドスピロンは、セロトニン5−HT1A受容体刺激作用により抗不安作用を示す。
5 誤
クロルジアゼポキシドは、ベンゾジアゼピン系薬であり、GABAA受容体の感受性を高めることで抗不安作用を示す。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.