第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問302〜303

第105回薬剤師国家試験 問302〜303

58歳女性。左乳がんと診断され、摘出術を受けた後、AC(ドキソルビシン塩酸塩+シクロホスファミド水和物)療法4コースが施行された。 1年後に再発、転移が確認されたため、週1回のパクリタキセルを用いた治療の導入のため入院し、 2コース目からは外来にて治療継続となった。再発時から切られるような鋭い強い痛みが出現しており、患者の希望により以下の鎮痛薬が処方されている。肝、腎機能は正常である。

5コース目の来院時に、指先がしびれて感覚がなくなり、電撃痛があると患者から訴えがあり、鎮痛薬の追加について薬剤師が相談を受けた。

問302(病態・薬物治療)
 この患者に生じた電撃痛に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 痛みの伝導路が損傷されている。
2 内臓痛に分類される。
3 上肢の筋肉の炎症に起因する。
4 身体を動かすと痛みが増す。
5 軽微な接触刺激でも痛みが誘発される。

 

 

 

 

解答・解説

解答
 1、5

解説

本症例では、指先がしびれて感覚がなくなり、電撃痛があらわれていることから、神経障害性疼痛が現れたと推察される。神経障害性疼痛は、神経が障害され痛み伝導路が障害されることで誘発される。神経障害性疼痛では、軽微な接触刺激でも痛みが誘発されることがある。

問303(実務)
薬剤師が主治医に提案すべき薬物として最も適切なのはどれか。1つ選べ。

1 アセトアミノフェン
2 コデインリン酸塩水和物
3 トラマドール塩酸塩
4 アスピリン
5 プレガバリン

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
5

解説
選択肢のうち、神経障害性疼痛に用いられるのは、プレガバリンである。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.