第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問272〜273

第105回薬剤師国家試験 問272〜273

54歳女性。152cm、48kg。高血圧、脂質異常症、深在性皮膚真菌症の治療のため処方1と処方2の薬剤を服用していた。その後、深部静脈血栓塞栓症を発症し、その治療のため処方3が追加となった。

PT–INRを治療目標域に到達させるため、ワルファリン投与量の調節を試みたが、PT–INRが3.0〜6.0で推移し、コントロールが困難であった。医師は患者や薬剤師と相談し、薬物動態関連遺伝子の多型を検査することにした。

 問272(薬剤)
多型を検査すべき遺伝子として、適切なのはどれか。1つ選べ。

1 CYP2C9
2 CYP2C19
3 CYP2D6
4 UGT1A1
5 NAT2

 

 

 

 

解答・解説

解答
1

解説
ワルファリンには光学異性体であるS体(薬理活性が高い)とR体が含まれており、S体はCYP2C9により代謝され、R体はCYP1A2とCYP3A4により代謝されるため、CYP2C9がワルファリンの薬理活性に影響を与える。また、本症例では、PT−INRが高値を示している(ワルファリンによる治療を行う場合のPT–INRの目安は2.0〜3.0)ことから、ワルファリンによる抗凝固作用が強く現れていると考えられる。これらのことから、本症例ではCYP2C9の多型について検査すべきである。

 問273(実務)
 遺伝子多型検査の結果、ホモの変異を有することが判明し、医師は代替薬について薬剤師に相談した。医師に提案すべき抗血栓薬として最も適切なのはどれか。1つ選べ。

1 アピキサバン錠
2 シロスタゾール錠
3 ダビガトランエテキシラートメタンスルホン酸塩カプセル
4 チクロピジン塩酸塩錠
5 リバーロキサバン錠

 

 

 

 

解答・解説

解答
1

解説
ワルファリン(抗凝固薬)の代替薬を提案する必要があるため、血小板凝集抑制薬(シロスタゾール錠、チクロピジン塩酸塩錠)を提案することは不適切である。また、本患者はイトラコナゾールを服用しているため、イトラコナゾールと併用禁忌であるダビガトランエテキシラートメタンスルホン酸塩カプセルとリバーロキサバン錠を提案することは不適切である。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.