第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問266〜267

第105回薬剤師国家試験 問266〜267

68歳男性。狭心症。かかりつけ医を受診し、定期的に処方1の薬剤を服用している。来局時の聞き取りにより、この患者は最近、他の医療機関で非小細胞肺がんと診断され、エルロチニブ塩酸塩錠による化学療法の実施が予定されているとのことであった。

問266(実務)
 薬剤師は、かかりつけ医に化学療法に関する聞き取りの内容を伝え、処方変更について提案した。その内容として最も適切なのはどれか。1つ選べ。

1 アスピリン腸溶錠を中止する。
2 エソメプラゾールマグネシウム水和物カプセルを中止する。
3 エソメプラゾールマグネシウム水和物カプセルをラニチジン錠に変更する。
4 ビソプロロールフマル酸塩錠を中止する。
5 ビソプロロールフマル酸塩錠をベラパミル塩酸塩錠に変更する。

問267(薬剤)
 処方変更をしない場合に問題となる、エルロチニブの体内動態の変化として適切なのはどれか。1つ選べ。

1 吸収の低下
2 肝代謝の阻害
3 肝代謝の亢進
4 尿中排泄の阻害
5 胆汁排泄の阻害

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
問266:2
問267:1

解説
 胃酸分泌抑制作用を示す薬(プロトンポンプ阻害薬、H2受容体拮抗剤)により持続的に胃内pHが上昇すると、エルロチニブの溶解度が低下し、吸収が低下する可能性がある。そのため、エルロチニブ塩酸塩による化学療法を実施する場合には、プロトンポンプ阻害薬(エソメプラゾールなど)、H2受容体拮抗剤を中止する必要がある。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.