第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問260〜261

第105回薬剤師国家試験 問260〜261

57歳女性。大腿骨頸部骨折の治療を目的とした手術のために本日入院した。手術は4日後に予定している。病棟担当薬剤師が患者の持参薬を確認したところ、下記5種類の薬剤を所持していた。
持参薬

アムロジピンべシル酸塩錠
アトルバスタチンカルシウム水和物錠
アルファカルシドールカプセル
ラロキシフェン塩酸塩錠
ロキソプロフェンナトリウム水和物錠

 問260(実務)
医師に休薬を提案すべき薬剤として適切なのはどれか。1つ選べ。

1 アムロジピンべシル酸塩錠
2 アトルバスタチンカルシウム水和物錠
3 アルファカルシドールカプセル
4 ラロキシフェン塩酸塩錠
5 ロキソプロフェンナトリウム水和物錠

問261(薬理)
手術前から休薬すべき薬剤のその理由となる副作用はどれか。1つ選べ。

1 房室ブロック
2 高血糖
3 高Na血症
4 血栓形成
5 消化器障害

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
問260 :4
問261 :4

解説
ラロキシフェンを投与すると、静脈血栓塞栓症(深部静脈血栓症,肺塞栓症,網膜静脈 血栓症を含む)のリスクが上昇するため,長期不動状態 (術後回復期,長期安静期等)に入る 3 日前には服用を中止し,完全に歩行可能になるまでは投与を再開しないこととされている。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.