第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問256〜257

第105回薬剤師国家試験 問256〜257

52 歳女性。全身倦怠感と微熱、手足の関節痛と朝のこわばりを訴えて受診したところ、関節リウマチと診断された。メトトレキサート過敏症の既往歴があるため、代替薬について、医師より薬剤師に相談があった。

 問256(実務)
医師に推奨すべきメトトレキサートの代替薬として適切なのはどれか。2つ選べ。

1 レフルノミド
2 モルヒネ塩酸塩
3 サラゾスルファピリジン
4 インフリキシマブ
5 スリンタグ

 

 

 

解答・解説

解答
1、3

解説
 現在、関節リウマチの薬物療法では、メトトレキサートが中心的薬剤として用いられている。メトトレキサートを用いることができる場合には、早期よりメトトレキサートを用い、メトトレキサートを用いることができない場合には、早期よりメトトレキサート以外のDMARDsを用いる。
メトトレキサート、DMARDsを用いても治療目標を達成できない場合には、他のDMARDsを用いるか、生物学的製剤を追加することを検討する。
上記より、メトトレキサートを用いることができない場合は、DMARDsであるレフルノミドやサラゾスルファピリジンが用いられる。なお、選択肢4のインフリキシマブは、キメラ型モノクローナル抗体であり、中和抗体が産生されやすいことから、メトトレキサートと併用するため、メトトレキサートを用いることができない場合、インフリキシマブも用いることができない。

 問257(薬理)
医師に推奨すべきそれぞれの薬物の作用機序はどれか。2つ選べ。

1 シクロオキシゲナーゼ(COX)の阻害
2 ピリミジンヌクレオチドの合成抑制
3 T細胞及びマクロファージでのサイトカイン産生抑制
4 腫瘍壊死因子(TNF)–αの捕捉
5 オピオイドμ受容体の刺激

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、3

解説
・レフルノミドの薬理作用
活性代謝物がピリミジンの生合成に関わるジヒドロオロテートデヒドロゲナーゼの活性を阻害し、核酸合成を阻害することによりリンパ球の活性、増殖を抑制する。
・サラゾスルファピリジンの薬理作用
炎症性サイトカインの産生を抑制することにより抗炎症作用を示す。また、T細胞、マクロファージの作用を抑制し、抗リウマチ作用を示す。

 

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.