第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問23

第105回薬剤師国家試験 問23

図に示したα–トコフェロールの構造において、ラジカル捕捉作用を示す部位はどれか。1つ選べ。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1

解説
α–トコフェロールは、フェノール性連鎖防止剤であり、脂質の自動酸化に際して生成するペルオキシラジカルにフェノール性水酸基(選択肢1)にある水素を供与して、自身が酸化されることによりラジカル連鎖反応を断ち切り、油脂の自動酸化を阻止する。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.