第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問190

第105回薬剤師国家試験 問190

せん妄に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

1 不可逆性の錯乱と認知の変化を特徴とする。
2 認知症とせん妄は容易に鑑別できる。
3 原則として身体拘束を必要とする。
4 発現機序は明らかにされている。
5 振戦せん妄はアルコール依存症の離脱症状の1つである。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
5

解説
1 誤
せん妄とは、突然発生する可逆性の精神機能の障害のことであり、見当識障害、注意集中困難、認知機能の低下、計算力、記銘力障害、錯乱、幻覚妄想などを特徴とする。
2 誤
認知症とせん妄では同様の症状が認められるため、鑑別することは困難である。
3 誤
せん妄状態の患者を身体拘束すると、身体拘束から抜け出そうとして自身の皮膚や粘膜を傷つけたり、拘束帯が胸腹部に絡まり窒息の危険に繋がることがある。また、廃用症候群(過度に安静にすることや、活動性が低下したことによる身体に生じる様々な状態)のリスクが増大することがある。
4 誤
せん妄が発生する要因は多岐にわたり、発現の機序は明確になっていない。
5 正
振戦せん妄とは、アルコール依存症の離脱症状の1つであり、不安、錯乱、不眠、悪夢、大量発汗、重度の抑うつなどを特徴とする。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.