第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問188

第105回薬剤師国家試験 問188

75歳男性。15年ほど前から動作がゆっくりになり、立っているときに前かがみの姿勢が目立つようになった。近医を受診したところ、パーキンソン病と診断され、タリペキソールの投与により症状の改善を認めた。70歳頃より症状が悪化したが、レボドパとカルビドパの配合剤への変更により、症状の改善が得られていた。最近、この配合剤の薬効の持続時間が短くなり、配合剤の使用回数が増えた。この患者の病態及び薬物治療に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 この患者に最初に出現した症状を、寡動及び姿勢反射障害という。
2 症状の悪化は、脳の線条体を起始核とする神経が変性したからである。
3 カルビドパはドパミンの血液脳関門の通過性を上げる。
4 配合剤の薬効持続時間の短縮は、遺伝子多型による個人差で生じる。
5 薬効持続時間の短縮に対して、配合剤1回量を減量し、エンタカポンを併用する。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、5

解説
1 正
パーキンソン病では、振戦(手足が震える)、固縮(手足の筋肉がこわばる)、寡動・無動(動きが遅くなる)、姿勢反射障害(倒れやすくなる、体が前かがみになる)の4大症状が現れる。本患者は、初期症状として、動作がゆっくりになる(寡動・無動)、立っているときに前かがみの姿勢(姿勢反射障害)が現れている。
2 誤
症状の悪化には、黒質のドパミン神経の変性が関与している。
3 誤
カルビドパは、レボドパの血液脳関門の透過性を上げる。
4 誤
配合剤の薬効持続時間の短縮は、遺伝子多型によるものではなく、ドパミン神経の変性が関与している。
<レボドパの薬効持続時間の短縮について>
パーキンソン病が進行すると、ドパミン神経の変性により、レボドパがドパミン細胞に保持されず、他の細胞のドパ脱炭酸酵素によりドパミンに代謝されることから、レボドパの持続時間が短くなる。
5 正
エンタカポンは、COMT阻害剤であり、末梢でのレボドパの分解を抑制することから、レボドパ・カルビドパ配合剤と併用すると、レボドパの効果持続時間を長くすることができる。そのため、薬効持続時間の短縮に対して、配合剤1回量を減量し、エンタカポンを併用することは有用である。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.