第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問186

第105回薬剤師国家試験 問186

子宮内膜症の病態と治療に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 子宮平滑筋が増殖する疾患である。
2 エストロゲン非依存性疾患である。
3 下腹部痛、月経痛などの症状がある。
4 GnRHアンタゴニストが用いられる。
5 ダナゾール投与により治療を行う際は血栓症に注意が必要である。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、5

解説
1 誤
本疾患は、エストロゲン依存性疾患であり、子宮以外の場所(卵管や卵巣)に子宮内膜が増殖する疾患である。
2 誤
解説1参照
3 正
本疾患では、下腹部痛、激しい月経痛を伴うことがあり、不妊症の原因にもなる。
4 誤
本疾患の治療薬として、LH–RH(Gn–RH)誘導体が用いられる。なお、GnRHアンタゴニスト(デガレリクス)は、前立腺がんの治療に用いられる。
5 正
ダナゾールは、血栓症を引き起こすことがあるので、観察を十分に行いながら慎重に投与する必要がある。また、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行う必要がある。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.