第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問182

第105回薬剤師国家試験 問182

医薬品の容器に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 吸入液剤を製するには、通例、有効成分に溶剤を加えて溶液とし、液状の噴射剤とともに耐圧性の容器に充塡し、定量バルブを装着する。
2 坐剤に用いる容器は、通例、密閉容器とする。
3 血液透析用剤に用いる容器は、通例、密封容器とする。
4 点眼剤に用いる容器は、通例、点眼剤の不溶性異物検査法の試験に支障をきたさない透明性のある気密容器とする。
5 外用エアゾール剤及びポンプスプレー剤に用いる容器は、通例、耐圧性の容器とする。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、4

解説
1 誤
吸入液剤の保存容器は、通例、気密容器とする。製剤の品質に水分の蒸散が影響を与える場合は、低水蒸気透過性の容器を用いるか、又は低水蒸気透過性の包装を施す。
2 正
坐剤に用いる容器は、通例、密閉容器とする。製剤の品質に湿気が影響を与える場合は、防湿性の容器を用いるか、又は防湿性の包装を施す。
3 誤
血液透析用剤に用いる容器は、通例、微生物の混入を防ぐことのできる気密容器とする。製剤の品質に水分の蒸散が影響を与える場合は、低水蒸気透過性の容器を用いるか、又は低水蒸気透過性の包装を施す。
4 正
点眼剤に用いる容器は、通例、点眼剤の不溶性異物検査法の試験に支障をきたさない透明性のある気密容器とする。製剤の品質に水分の蒸散が影響を与える場合は、低水蒸気透過性の容器を用いるか、又は低水蒸気透過性の包装を施す。
5 誤
外用エアゾール剤の容器は、通例、耐圧性の容器とする。また、ポンプスプレー剤の容器は、通例、気密容器とする。製剤の品質に水分の蒸散が影響を与える場合は、低水蒸気透過性の容器を用いるか、又は低水蒸気透過性の包装を施す。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.