第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問136

第105回薬剤師国家試験 問136

放射性物質を取り扱う際の放射線被ばくの防護に関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。

1 γ線の遮へいには鉛遮へい用具が適している。
2 γ線による被ばく量は、被ばく時間が同じ場合、線源からの距離を20cmから40cmにすると、1/4になる。
3 α線は透過性が強いので、外部被ばくを防護する必要がある。
4 内部被ばくを防ぐには、放射性物質の経口摂取、吸入摂取、経皮吸収を防ぐことが重要である。
5 体内に取り込まれた放射性核種の放射線による内部被ばくを防ぐことは困難である。

 

 

 

 

解答・解説

解答
3

解説
1 正しい
γ線の遮蔽には、厚い鉛やコンクリートが用いられる。
2 正しい
放射線による被ばく量は、距離の2乗に反比例するため、線源からの距離が2倍になると、放射線被ばく量は1/4となる。
3 誤っている
α線は透過性が弱いため、外部被ばくを受けにくい。なお、γ線は透過性が高いため、外部被ばくを防護する必要がある。
4 正しい
体内に取り込まれた放射性核種の放射線による内部被ばくを防止することは困難であるため、内部被ばくを防止するためには、放射性物質の経口摂取、吸入摂取、経皮吸収を防ぐことが重要である。
5 正しい
解説4参照

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.