第104回薬剤師国家試験

第104回薬剤師国家試験 問85

第104回薬剤師国家試験 問85

処方箋には先発医薬品が記載されていたが、患者が後発医薬品を希望した。そこで、後発医薬品の分割調剤1回目として7日分の調剤を行った。次回、残りをこの後発医薬品で調剤する場合に必要な最大錠数はどれか。1つ選べ。

1 21錠
2 42錠
3 63錠
4 84錠
5 126錠

 

 

 

 

解答・解説

解答
3


解説
ムコダイン錠250mgをL−カルボシステイン錠500mgに変更調剤すると錠数が半分となる。このことから本処方(ムコダイン錠250mgの全量168錠)をL−カルボシステイン錠500mgに変更すると全量84錠となる。この問題では、初めに7日分(L−カルボシステイン錠500mg3錠/日×7日=21錠)調剤を行っていることから、次回、残りをこの後発医薬品で調剤する場合に必要な最大錠数は84-21錠=63錠となる。

-第104回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.