第104回薬剤師国家試験 問57

肝硬変で高値を示す検査値はどれか。1つ選べ。

1 血小板数
2 血清アルブミン濃度
3 血清総コレステロール濃度
4 血清γ–グロブリン濃度
5 血清コリンエステラーゼ活性

 

 

 

 

 


解説
肝硬変では、肝臓の線維化や肝臓におけるリンパ球の増加が認められる。肝臓の線維化や肝臓においてリンパ球が増加すると、肝臓でγ−グロブリンの生成が促進する。このことから肝硬変では、血清γ−グロブリンの濃度は上昇する。なお、血小板数、血清アルブミン濃度、血清総コレステロール濃度、血清コリンエステラーゼ活性は肝硬変になると低下する。


解答
4