第104回薬剤師国家試験 問35

キサンチンオキシダーゼを選択的に阻害するのはどれか。1つ選べ。

1 ベンズブロマロン
2 アロプリノール
3 コルヒチン
4 ラスブリカーゼ
5 プロベネシド

 

 

 

 


解説
選択肢のうち、キサンチンオキシダーゼを選択的に阻害するのは「アロプリノール」である。
1 誤
ベンズブロマロンは、腎臓の近位尿細管に存在する尿酸トランスポーターを阻害し、腎臓における尿細管の再吸収を抑制する。
2 正
3 誤
コルヒチンは、チュブリンと結合して微小管形成を阻害する。
4 誤
ラスブリカーゼは、血中の尿酸をアラントインと過酸化水素に分解し、尿中に排泄することにより血中尿酸値を低下させる。
5 誤
プロベネシドは、近位尿細管において尿酸トランスポーターを阻害し、腎臓における尿細管の再吸収を抑制する。


解答
2